読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキレスのパラドクス

あるものを肯定する為に矛盾する真逆の存在を否定すれば肯定できるなんていうくだらないことを聞きまして

まぁその一つなんだが

アキレスと亀なんていうまぁ要するに時間は無限分割することは可能なのか?っていう話なんだけど

アキレスと亀は競争しましたなんていう、うさぎと亀的なものなのだよ

亀と競争するなんていう話において人間が後ろからスタートするなんていうセオリー通りから始まるのさ

普通に考えれば後ろからスタートしたとしても亀の速さなんてないに等しいものだからアキレスが追い付いて追い越すよね

ただアキレスは亀には絶対に追い付けないって話なのだ

なんでだと思う?

確かに理論上人間は亀を追い越せないどころか追い付けないんだよね

まぁ理論上なんだけど

Aという地点からスタートするアキレス
A+1という地点からスタートする亀

アキレスがスタートしてA+1という地点に着く
その時亀はA+1という地点からA+2というとこに移動している

アキレスがA+1という地点に着く
その距離がどんなに短いとしても亀はA+3という地点にいる

アキレスがA+3という地点に着く
亀はA+4という地点にいる

っていう無限ループ

で無限ループということは無限という数を越えればアキレスは亀に追いつけるということになる
でも無限の数を数えること可能かい?

不可能だよね
だからアキレスは亀に追いつくことが出来ないっていうね

まぁ亀が進むっていう前提なのだが亀が進み続ければ理論的に亀に追い付けないとか引くよね

正直意味分からない、頭おかしいっていう一言で済むのだがでも確かにそうすぎてもうどうしたことかっていう

速さ×時間なんていう小学生の時に習ったことがもはや太刀打ち出来ないというその地点においてっていう無茶苦茶さ

ただ人間は追い付けないんだよ
もはや一体どういう理屈でそうなるのか誰かに教えて欲しいがどうやら無理なようだ

だからどうした!って言われたらそれまでなんだがただそれが気になったから書いただけだす