読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんな日もあるよねきっと

サマソニ見た時に書いたネガな話でも載っけとこう

多分きっと想像してたより世界レベルじゃなかった

それはヘッドライン張るのに相応しいか否かっていう話ね
他がいない現状ではまぁ最善だとは思うけどって結論だよ
まぁ分かってたっちゃ分かってたんだけどもさ(笑)


まぁ友達には前から話してたことなんだけどArctic Monkeysは地位を手に入れたさ
実力は勿論言わずもがなだけどね

ただその地位ってものが少し前例とは違うっていう
井の中の蛙じゃないけど少し狭くなってしまった世界なんじゃないかって

例えば90年代オアシスだったりグリーンデイだったりまぁ少しだけズルいけどNIRVANAだったりあとはレディへとかレッチリ
ここらのラインっていわば全て最高峰というか好きじゃなくてもそれ位は思うよ
良いとか悪いとかそんなことは知らんさ

あくまで世間的把握って意味での地位と賞なり売り上げなりの評価が合わさった地位ね

彼らなら間違いないというか逆にヘッドラインじゃないならどこ置くの?というか豪華だねって感じ?

これが例えば00年代になるとコールドプレイだったりミューズだったり
まぁリンキンパークとかもそうかな
あとはそうだなストロークスリバティーンズ、フランツ、アーケードファイアあたりかな?
途端に怪しくなったよね

え?そのレベル?って
この時点で少しだけ怪しいっちゃ怪しいのさ
特にリバティーンズは怪しい
正しい評価なのか??って声を大にして唱えたいくらいに
好きだよ本当に
ただそんな地位か?って
アルバム二枚だして解散だったり音楽以外の側面での注目だったりある種レジェンド的な思い出チートありきでしょ?って思うのさ

個人的趣向はなんでも構わんさ
〜が世界最高峰だなんてドインディバンドに対して思うこと、言うことに関して何も思わない。自由だよね

ただ世間のノリもっと言えばロック界的な世界のノリで言えばそれは間違ってるってだけでさ
別にジジイじゃないけどいやいやいやっていう感じ

だからリバティーンズは怪しいのさ
これから再結成して作ったアルバム次第だなって本当に思う
二枚で何が分かる?しかもそのうち一枚は正直そんな評価に値しないと俺は思うよ
好きとかとはまた違った感想ね

そもそもそのレジェンドとしての人気だって例えばグリーンデイ的な知名度かって言ったらそんなことは決してなくて少し狭い世界だよね

例えばドンルク、ワットエバーだったりアメリカンイディオット、バスケットケースみたいな皆が知ってる曲ってこの00年代には多分バンドだとほとんどない
辛うじてビバラビダくらいかなって思ってる
あとはレディガガのポーカーフェイスだけだなって
だからコールドプレイが実質そう謳われてても個人的には好きじゃないけどまぁ納得さ
チケットもきっと売れるだろうさ

でもまぁピートが薬物だったりそういうことで有名っちゃ有名で少しだけやっぱり今よりは全然広い世界だったとは思うのさ
あとは本当に色んな要素の積み重ねでそこ以外に置きようがなくなったというか

まぁそういう思い出チートなんてものが存在出来るってだけ十分凄いとも思うけどね

そういう意味で言えば確実に世界レベルって謳われててまぁそうだねって納得出来たレベルさ
実力なんて知らんよ。そんなものいらないとすら思うねむしろ

でも果たして今Arctic Monkeysはロック界ではそんな地位を微妙に手に入れた訳だけど実際どうだろうか?って話で
それは確実に00年代より狭まった世界だよねとしか思わない

言ってしまえば2ndまでのノリであればもしかしたら00年代レベルの世界は保てたかもしれない
でも実際は違った訳で

そもそもArctic Monkeys自体Arctic Monkeysファン自体がそんなことを望んでる、世界中でシンガロングみたいなノリではなくて

でもきっとそれが絶対条件とは言わないまでも誰もが口ずさめる曲なんてアークティックには一曲もない
例えばsun goes downはなり得たかもしれないよ
でもそうはならなかったよね3rdのセールス的失敗だったりその後の状況だったり諸々

でも狭い世界ではsun goes downは名曲とされているって事実はあって
ただ絶対数が少なすぎるんだよね
それはファンというか知名度って意味も他に存在してるバンドって意味でも

Arctic Monkeysがいて他にもいくつか例えばkasabianだったりvampire weekendだったりいるけどもそれが果たして今までレベルかって言ったら絶対違うよ
クオリティとかは置いとくよ
そんなもんあったって知られてなきゃ何の意味もないものだからさ

根本的にやっぱりロックなんてジャンルは死にかけなんだよね
アレックスが死なないって言ったのは分かるよ
これから巻き返せるとも思うさ

ただ現実はほぼ死にかけてる
それはフェスのヘッドラインに相応しいバンドがいないって事実でハッキリするというか

言ってしまえばそれに金払える人がいなければチケットは売れないわけで

例えば若手バンドのファンの人達にあの有名バンドいるなら見てみたいなぁって思わせられるような人達がArctic Monkeys以降に至ってはもう一つもいないんだよね

一つもね

そのArctic Monkeysですら怪しいと

もうチャレンジさせてみました枠ではないよ確実に
ただ浸透したか?って問いに対する答えは微妙っていう

kasabianとUK二大巨頭的なノリはあるけどもその二つとも微妙という

勿論現状を考えれば間違いないチョイスではあるけどねって話だよ


だからもう頼みの綱は90年代のバンドか再結成バンドだけっていう事実

これは凄い悲しいことだよね

それだけじゃないんだよ

そもそもArctic Monkeysは本来二番三番手ラインくらいだと俺は思ってて
好きとかの話じゃないからね

それがヘッドラインの時他に三番手ラインがどれだけいるかって話で
そうなってくるともうほぼ皆無としか言えない状況でさ

5番手くらいの期待の新人みたいなの所謂これからきまっせ!みたいなのが今ほとんどいないんだよ
6番手レベルだけというか

上が詰まってる訳でもなく下が脅かしてくるわけでもなくなんとも言えない無意味な地位をArctic Monkeysは手に入れたなと個人的には思ってるって話

あくまで個人的ね

そんな状況でのサマソニ
確かにそういう地位を手に入れたなぁって去年のグラストヘッドラインで思ったんだよ
あぁ超えたなって
思っただけじゃなく状況なり色んなことを加味してね

ただサマソニはそうじゃなかったっていう
これファンがそう思うんだからきっとたまたま見た人はきっともっと違う感想なんだろなって

もしかしたら逆に意外にいいじゃんって思った人もいるかもしれないけども

やっぱり個人的にはArctic Monkeysの良さはきっとArctic Monkeysファンしか分からないというか

別に高尚な音楽だとかそんなことが言いたいわけじゃなくそのレベルというか

多分ファン以外には響かないんだろうなって感じたっていう話
あくまでもサマソニはね
AMツアーは根本的にそうかもしれないけども
凄い良かったし最高だったし楽しかったけど少しだけ寂しかったって話

長くなっちゃったよ
ふざけんなよ
こんなこと書きたかったわけじゃないんだけどさあまりに今の状況が寂しくてさ


ここまでが当時書いてたもの

あれから半年くらい経って期待の若手も沢山出てきた
色々あって考えも当時とは変わったけどとりあえずずっとアップしてなかったからのっけとこう

ほなマタニティ