読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジンファンデル

恋は焦らずことyou can't hurry loveのライブ映像を最近よく見てる
ダイアナロスって歌上手いよね

たまに少しだけ悲しくなることがあって
モータウンビートというかテッテッテーっていうリズムがまるでare you gonna be my girlの専売特許だと思ってる人がいるってこと
まぁ姉ちゃんなんだけどw

もしくは歩いて帰ろうとか
まぁそれでも悪くはないんだけど

決してそんなことないというか
何かのパクリというかそういうパターンなんだけどなぁ的な?

それこそ身近な曲にもきっとなんかしら入ってるはず
例えばさ広末のmk5とかもたまには思い出したげて!的な

プリプリのダイアモンドでも何でも構わんけど

そんなことが言いたかったわけではなくて

are you gonna be my girlのダサさについてなんだけど
タンバリンから入り無駄な咳が入りベース、ドラム、ダセェギターと展開していくイントロについてなんだけど
中学生ぽいというか田舎者臭いセンスというか古いというか

決してjetディスりということではなくだからこそいいというか
ただやっぱりオーストラリア人のセンスというかなんというかww

それこそヘブリカンが良い例というかw
色んな意味でヘブリカン名曲だと思うんだよなぁww

ダサいけどいい的な?

happyのlucyしかりやっぱりダサいんだけどあのパターンのドラム、ベースは盛り上がざるを得ないというか

そういうお話

と思いきや

happyのlift this weightについて

この曲のベースがたまらなく好きなんだ
絞りに絞ったようなキュッ〜ってくるあの感じ
シンセベース好きだわぁ

っていう話