読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A magical mystery

cornerstoneどんだけいいんだよ!!って話をもっとしたい
ラスサビ前のギターの甘さ
ラストにて突然の呆れ
たまらん!!

基本的に僕が好きなArctic Monkeysの曲は何故か主に失恋ソングというか
Arctic Monkeys自体がそういう歌が多過ぎるっていう説もあるけど

その中でも代表格は誰が何と言おうとmardy bum
もしくはno buses
この3TOPは揺るがないね

いつの間にやら5thが出て一年以上経って
恐らく80曲位?はあると思われるArctic Monkeysの曲なんだけどまぁ全部が好きとは決して言わんけど9割位は普通に好きで

中でもこの3曲はもはや超えられない何かというか
勿論crying lightningやらteddy pickerやold yellow bricksだったりsecret door他にも色々大好きだけど別にここにあげてないから4thや5thが嫌いなんてこともなく聞くし好きなんだよ
ただ自分の中でどうしても時間がなくて一曲だけ!なんて時に聞くとしたらこの曲だなぁ的な

決してbrianなりなんなりが嫌いとかそういうことではないんだけどライブでなく聞く場面で多分Arctic Monkeysにはそういう類を求めてないだけというか
少なくともテンションぶち上げたい時にはArctic Monkeysは選択肢に入ってないというかいつもArctic Monkeysを聞いてるなんてことはなくなったんだ

そこはかなりの進歩というか
何もかもArctic Monkeysから得ようとかラスパペ含めてマイルズもオマケで含めてそこで解決しようなんて流石にArctic Monkeysを過大評価し過ぎてたというか

EDMだったりオールドなポップだったりパンキーポップだったりjpopだったり選択肢が増えたからこそ戻ってきた時に余計にArctic Monkeysが光るというか

そういう聞き方をするようになってからArctic Monkeys余計に好きになった気がする
ラフにというか

そんなこんなでアレックス誕生日だよ!更新でした