読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロマンスは終わらない〜Arctic Monkeys Summer Sonic 14 最後に少しのサプライズありがとう〜

さて本番です
やっとこさで始まりました
なんとSEがいつもとちゃうΣ(゚д゚lll)
えっ?って驚きの方が強かったね
会場は物凄く沸いてるというのにww

ただ帰ってロラパル見てその時から変わってたことを知った俺は情弱
というか8月に入ってからは見るのやめてたんだよ(笑)マジで
このままじゃヤバイと
何もかも把握しすぎてると

セットリストはまぁ有名なあそこでも見て下さいな
うん。いつも通りです
しいて言えば8月からやりだしたold yellow bricks入ってサンダーストームやってないだけ
this is 予定調和

んでdo I wanna knowでスタートと

もうね最高ね
アレックスの腰振りしっかり見たかったけどひたすらに押し合いへし合いで生き残ること大事な部分だけは歌うことに精一杯で

とにかくカッコよすぎた
確実にパフォーマンスの質が上がってた
いやぁ本当に凄いや

でsnap out of itと
もうねこの曲だけは全部歌ったろうと決意を固めてたから死ぬ気で生き残ったね
本当に最高すぎてヤバかったよ
アレックスカッコよすぎた
ジェイミーも

arabellaは音外し倒してたね(笑)
いつも通りというか
だからなんかイマイチこの曲乗り切れないんだよなぁ
他にも外してたけどこれはクオリティ低い
いつにも増してねww


んでbrianはバカ盛り上がり
うんいつも通り
大好きだよ心から

don't sit downはまぁちゃんとカンフーファイティングしてやったよね
維持を見せたね
やりたかったマカレナしかり振り全部真似してやったわ
この曲がセトリに入る意味本当にないんじゃないかって思ってたけどたまには良いかもね
素晴らしいよ

dancing shoesはバカ盛り上がり
うん懐かしい。いいね
仕上がりが確実に昔とは違うよ
所謂パンク色強めな唯一の曲だけあってファンは大興奮だったよ。懐かしさ含めてなのかは分からんけど
一番最初に作った曲って知ってからは少しだけ見方が変わって
何故still take you homeなりteddy pickerを外してこの曲なのかって思ってた俺はいない
大好きだ本当に

crying lightningは本当に本当に大好きでさ
チートあるかもだけども本当に良かった
これ本当にクオリティって思ったよ
こんな演奏他には絶対出来ない確実に
勿論歌ったよ。心を込めて
愛を込めてね
この曲の韻と言いリリックの乗り具合こそがcrying lightningなんじゃないかって

本当に最高だった
ベストトラックはこれ

knee socks
これは多分AMツアーじゃないと聞けない曲だろうね(笑)
噛み締めたよ

my propellerは本当に見方が変わった
正直嫌いだった
というか退屈というか
だから前回の武道館の時これをプッシュしてるアークティックに萎えてたのさ
でもさ不思議とある日奇跡というかあれ?これ良くね?って
でもそれが続く訳ではなく好きな曲かって問われればまぁ微妙で
でも幸運なことに昨日はいい日だったよ(笑)

I bet はバカ盛り上がりね
まぁ間違いないよ
ただやる気がないなって思ったのはここら辺というか
謎な入りをするというww
アレックスとマットが全く噛み合わないというw
あれは何がしたかったんだろ(笑)
只管に可愛かったからまぁあれだけど

library picturesもバカ盛り上がり
そりゃそうだよねって
大好きだ

んでold yellow bricks
これも大好きな曲
一度失望した後にまた好きになれたのはこの曲のおかげかもしれないよ
このリズムは他にはないよ
この特異な曲は3rdとも戦える曲で
所謂バラード系しか好きじゃなかった彼らの違う側面に心から共感出来たのはこの曲のおかげかもしれないな
やってくれて本当に良かった
サンダーストームも聞きたかったけどこれは多分ナイスな判断

fire sideは正直なところ3rdの受け入れられなかった曲郡に対して持ってた感情だと思ってたけど違ったね
良かったよ
個人的に今後のアルバムが出たとしてセトリにはいらない曲だけどもしかしたら残るかもなんて予感はした
my propellerと同じ感じ

party anthemは普通に感動したよ
正直大好きだけどcornerstoneなり4thなり全て蔑ろにしてこの曲だけがバラードとして入ってる現状は如何なのかと思ってた節はあったよ
アレックスが輝く側面これだけでいいの?っていうかこれがその選択でいいの?ってさ
でも俺は間違ってた
間違いないよno'1だわ
このクオリティは人を惹きつけられる何かがあるよ
ベストなチョイスだった
でもきっとまたアレックスはこれよりいい曲作ってもう聞けないんだろうなぁっていうのが悲しいながらこのラインが大好きな者としての正直な感想

んでwhy'dと
この曲は5thで一番好きな曲で
ライブに関して少し不安な部分があったけどもうしっかり仕上げてきてて馴染んでてさ
形というかwhy'dは導入がCDが違う入り方なんだけどそれが始まっても誰もわかないというねww
俺はもうウキウキで

え?みんな気付いてないの?予習足りなすぎだろふざけんな死ねってさ
というか本当にファンかよ?お前らが好きなwhy'dだぜ?!とか思ってたけど曲が始まっても全然盛り上がってなかったという(笑)
これ人気曲だと思ってたのはどうやら俺だけだったみたいだww

んでflourescent
本当に大好きだよ
これに関しては本当に噛み締めるなんてこと考えなくても噛み締められる
僕はArctic Monkeysはこの曲でハマったというか見始めた
あの時の懐かしさあの時の虚しさあの時の楽しさ全て含まれてる

でも悩まされたのは君のせい
励まされたのは君のおかげ
好きでいられたのは君のおかげ
全部含めてflourescent

色んな思い出があり過ぎてmardy bumがデカ過ぎてここでは忘れられがちだけどもまず間違いなく俺はこの曲がセトリの中に居続けて欲しいって祈ってる
これは外しちゃダメだよ
これがなくなったらi betとbrianだけが好かれる側面だけのバンドになってしまったらそれは多分Arctic Monkeysじゃないってやっぱり今でも思ってる
俺の思い入れだけじゃないってこれは

正直な話mardy bum本当に大好きで是が非でも聞きたいし当時flourescentが残ってmardy bumが外れたことに本気でバカだなこいつらって。アホかとすら思ったよ

でもアレックスなりArctic Monkeysのチョイスは絶対に間違ってなかったって今では思ってる
だってmardy bumがいくらセトリに含まれたとしてもflourescentやらないってなったら寂しすぎるもん
あれから好きな曲も沢山出来たし感じること変わった
そんな中でこの曲の安定感いなきゃダメ感に気付いたよ
改めてアレックスの凄さに気付いた
単純に楽しかった
終わりが近づいてるのが悲しかった

んで締めは505
予定調和のバイバイの505
本気で終わりって思ってた人も沢山いたみたいだ。ピュアだよ
ピュアピュアだよ
騙されてるよww

言い方はあれだけどArctic Monkeysファンがもしかしたら多分一番残念に思ってしまう曲かもしれない
それは終わりだからってことが大半だろうけど一番大事な人が昨日はそこにはいなかった
何せそれを見てしまったらそれを聞いてしまったらどこか物足りなさを感じてしまうからさ

彼はこの曲に関してはArctic Monkeysとして参加すべきだってのは彼のファンじゃなくても腐女子じゃなくてもきっと思うはずだ
マイルズケインよ
君が足りない
君のギターが足りない
君がビグスビー最後閉めてくれないとしっくりこないよ
君の代わりにアレックスがギター弾いてたよ
凄いよ。似てたよ
でも君がいてくれたらってひたすらに思ったよ
馬鹿野郎!


俺が最後に見た505はアレックスはギターじゃなくて鍵盤でもなくてかといってマイルズとイチャつく505でもなかった
曲中に拍手して帰っちゃうなんとも寂しすぎるパターン

昨日はマイルズの代わりにジェイミーが頑張ってた
アレックスとの絡みは可愛かった
これが観れて俺は納得だよ
これはこれで良いねって

ひとまずこれでグッバイ

でもそれは予定調和のグッバイ
本気でバイバイだなんて一欠片も思ってない早く戻ってきたください。この時間にもう一曲やってくださいっていうグッバイww

戻ってきてくれて一発目はone for the road
5thではあまり好きになりきれない曲
俺の中では少しでも長くやってくれらこと以外にここから期待出来ない曲群なことは分かってて
それでも生で聞くそれは良かったよ
これももう聞けないだろうな(笑)

でI wanna be yours
Tシャツ買いましたよ
実に可愛いTシャツで
これを着てる女の子は可愛いね
曲はまぁあれっす
もう聞けないだろww
外れる未来しか見えない曲はやっぱり少し名残惜しい
そんなに好きじゃないけど色々と悲しすぎるけど噛み締めた
これでもう終わりなんだって

これさあるあるというか僕が好きだからって話もあるんだけど現状だとアレックスのギターなりニックのベースである程度は何やるか分かるんだ(笑)
正直おまけ入りのセトリを期待してた僕はここまでまだ諦めてなかったよ(笑)

勿論アンコール後にアコギ持ってない時点である程度の覚悟してたけどワンチャンだろって
mardy bum普通にやってくれないかなって普通なファンというかピュアピュアな心持ってたよ(笑)

でもI wanna be yours終わってアレックスがギター変えてる時に手渡されたギターがduo jetってのが見えてしまってさww
終わりだ…って思わず呟いてしまったよww

ラストはR U Mine?
何故かこの曲だけアレックスはduo jetなんだよww
そうそう、スペクトラソニックはジェイミーのギターが不調なのかで何かの曲の時途中でジェイミーが使ってたよ

この曲は新しいArctic Monkeysの始まりなのさ
その曲で終わるこの儚さ
まだ終わらないぜ!とでもいうかとてもラストに相応しいとは思えないけどもう俺の体はこの曲で終わらないとしっくりこないよww

大好きだよ
初めてデジタルで買った曲だよ
買わずにはいられなかった
新しいArctic Monkeysが楽しそうで我慢なんて出来なかった
アルバムに入るって知った時はふざけんな!(笑)って笑ったさww

でさこの曲は多分一番アレックスの詩のなかで好きな韻とフロウがある曲で

I guess what I'm trying to say is I need the deep end
Keep imagining meeting, wished away entire lifetimes
Unfair we're not somewhere misbehaving for days
Great escape lost track of time and space
She's a silver lining climbing on my desire

もはやラッパーよりラッパーだろってww
特にneed the deep end keep imagining meeting wished awayらへんの凄さ

この聞いててハンパない心地よさは絶対アレックスにしか出せないよ
ハンパないフレーズ
本気で気持ちよかったね
これを生で聴けて歌えた幸せ

終わってしまう寂しさを初めて感じた
まだ終わらないのかよって思ったことしかない僕には初めての体験

で終わってバイバイってジェイミーなりマットがスティックとかピックとか客席に投げて終わる

かと思ったら

アレックスが再び!!
確かShe's a silver lining lone ranger ridingの所を一人で歌い出した
もはやアレックス見てなかったというww

え?Σ(゚д゚lll)って
もうねすっかりあぁ今回もピックが届く位置にいれなかったなぁって萎えてる時だったよww
Σ(゚д゚lll)アレックスちゃん何してくれてんの?って
もうワンフレーズやるの!って!感じで笑


ジェイミーの顔を何故かその時見てた俺は見逃さなかった
アレックスマジかって少しの呆れと怒りを出したふざけんな(°_°)って顔してたことをww
そんな顔しながら再びギター担ぎ直してたよww

気づいたらマットも戻ってて再スタート
これ絶対アレックスの思いつきでしかなかったなww

本当に最後の最後に少しのサプライズ
多分メンバーにもw

これでレポはおしまい
感想的なことはまた明日にでも
ただやっぱりレポって言っても俺の感想でしかないなww

まぁいいや
最高の夜だった

ほなマタニティ


そうだ連絡くださいよ(°_°)
酷いよ…俺だって勇気だしたのに…
見てるはずなんだけどなぁ
まぁ足長おじさんなのかな(*_*)

まぁいいや
気が向いたらいつでも

ほなマタニティ