読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DJにだってなれる〜ライトニングボルトだぜ!!〜

多分半年位前に書いてシカトしてたな
タイトルも

んでこれは もはや ってね
どんだけシカトというかブログという文化を忘れてしまっていたのだろうか?

もはや時代に沿ってないとかそんなこと思い始めていたのは随分前のことだけど最近ふと書きたいことが多すぎるというか長くなるからやめようって思うことが増えた

例えばツイッターの140字とか

理想は20字以下で。いかに完結に尚且つフレーズ的面白さだったりインパクト的なことを伝えられるか勝負のその場で書きたいことが長すぎて言いたいことの1割も書けないというフラストレーション

レスポンスで長くなっちゃってるのに不満を覚えるのにそれでも絞ってる切なさ

もはやこれはメールなりツイッターでは表せないってことの方が最近多くて

発端はパクシネ
もしくはT-ARA
Arctic Monkeysもか

とにかく好きなものについて述べる場が欲しかったんだよ

誰が見た、見てくれたとかそんなことどうでもよくて
とにかく書きたいことが沢山ある

何故書きたいかなんてこんな話人に出来ないからで
聞いてもつまらないというかそんな野暮なこと出来ないというか

だから今回のこの文章に限っては構成とかオチとかどうでも良くて

とにかく書きたいことをそのままに、思った瞬間思ったままに編集なしで書いたままで

とにかく書きたいことが纏まらない位多いってことが書きたかった

とりあえず今の自分が思ってること

・パクシネについて

本当に何が自分をそこまで惹きつけるのか分からないけど分かってる部分もあって

とにかくこの人は顔の芝居、動きがもうたまらない位好きなんだよ

顔と体型も好きなんだな
発音も
だからハヤテのごとくが謎な吹き替えなことにイラついた

ただ、それでやっぱこの人の表情、というか表情での感情表現の仕方が好きで好きでたまらないことを再確認できた

本当にこの人好きすぎる
多分上の文章書いた時位にカクテキとかいう
ドラマを見たの。
美男より前のドラマ

50話位あるホームドラマなんだけど
家族それぞれに物語があってパクシネはその中の一人に過ぎないんだけどさ

やっぱり韓国嫌いだなって当時思いだした一つの要因がこのドラマでもあるんだけど韓国ドラマ面白いなって思ったのもこのドラマだったりする

とにかくパクシネがなんか心に響いてきて

別にいい演技、芝居とかもはやそういうこと置いといて、
動いてるパクシネを見てると声聞いてるとやっぱこの人好きすぎるわっていう感情がひたすらに押し寄せてくるというかそういうニュアンス

ニュアンス伝われ!

何より好きなんだよ
もはや好きなんだよ
全てが好き
この人好きすぎるわ

Arctic Monkeys

グラストのトリ凄かった
その前のオランダのフェスも

とにかくさなんかみんかシュッとして

何よりよかったのがmardy bumなんだよ
勿論一番好きな曲だからだけど

今までもmardy bumやってくれてたけど正直クオリティ低すぎてアレックスが好きじゃないんだろうなというか、やりたくないんだろうっていうのが見え見えで投げやりな感じが本当に嫌だった

もはやキーというか音が曲中でバラバラというか謎な感じで
客は原曲キーで歌うしでアレックスは適当だしで
やらないことよりここまで無茶苦茶にされたことが気に食わなかったんだよ
とにかくね

でもこのAMツアー前哨戦というかフェスでのmardy bum特にグラストは気合入ってたんだ
キーはDからCになっててムーディバムなことには変わらないんだけど丁寧に終いにはドンルクエンドだったり楽しんでて

Arctic Monkeys好きでいてよかった!!諦めなくてよかった!!って感じなんだよ最近

本当に嬉しい展開

正直新曲とかルミネとか嫌いじゃないし良いと思うんだけどなんか気に食わなかった部分があったのが全て吹っ飛んだ
ぐらい最近のArctic Monkeysは良い流れが来てる

だから幸せ

久しぶりにラスパペ見れたりね

あぁマイルズケーンの新譜が物凄い良かったんだ
これについても書きたかった

・マイルズケーンについて

Arctic Monkeysを諦めさせてくるきっかけになったよね。聞いた瞬間は
差が縮まったというかもうこの曲はアレックスが作った曲より良いってね

マイルズ進化してるよ

なんというか今までの確かにギターは上手いんだけど所詮アレックスによる誇大宣伝でしかないって感じがもうないんだよね

アレックスの友達であることは事実だけどフロントマンとしてもう遜色ないレヴェルなんだよ

本当にびっくりする位

なんというかロールなんだよ

もはや俺にとってのギターヒーローといえばブライアンメイなんだけど最近は胸を張ってマイルズケーンですって言いたい感じ

今現在のマイルズがギターで活躍してるかって言ったら前ほどで。今はもうフロントマンとしてボーカルとしての活躍なんだろうけどマイルズがギター弾きだすともはやそこには憧れのヒーローがいるんだ

ヒーローなんだよ。とにかく
なんかやってくれる感というか

マイルズがギタポを引っ張っていこうと思ってるとは思わないけどそれに近いニュアンスはあるんだろうなというか

ないにしてももうその位置にいるというか

なんて言えばいいか難しいんだけど

とにかくマイルズケーン素晴らしいって話さ

とりあえず今日はこの辺で

何よりとりあえずアップしておきたい

またドンドン書く

ほなマタニティ